アメリカでは離婚後も交友関係を続ける人が多い!?

皆さま、こんにちは!

記事をご覧頂き、誠にありがとうございます!

当ブログ管理人のシンカーです!


私は高校を卒業するまでアメリカで過ごし、
高校卒業後は日本の大学に進学し、現在は日本
の会社で働いている日系2世のアメリカ人です。

当ブログでは主に…

暗号資産投資、リップル、XRP、投資全般

…についての記事を配信していますが、たまに
アメリカの文化やアメリカでした経験に関する
記事の配信もしています!


今回の記事では、下記のツイートの内容を
掘り下げていきます。

離婚大国・アメリカ

アメリカは離婚大国で、結婚したカップルの
半数近くが離婚すると言われています。

困っちゃん

ええ…!?そ、そんなにですか…
はい、私が中学生だった頃、既にクラスメートの3割ぐらいの親が離婚していましたね

管理人


スポンサーリンク

中学時代の親友フェルナンド君

今回ツイートした内容は、私の中学生の時の
実体験が元となっています。

中学時代、私にはフェルナンド君という
友人がいました。

学校で最も仲が良い、私の親友でした。

親友だったので、彼の両親が離婚していたこと
も知っていましたし、彼が母子家庭であること
も知っていました。

フェルナンド君は家を出て行ってしまった
父親の話をあまりしませんでした。

困っちゃん

本人もあまり話したくないですよね…
はい…彼には父親に関する話題や質問は極力振らないよう中学生ながら気を遣っていました。

親友でありながら彼の父親の素性を全く知らなかったので<...

「どんな人なんだろう〜?」

…とよく妄想をしていましたよ。

管理人

彼の母親は少々怖いおばさんという印象
でしたが、夜食を作ってくれたり、遊園地に
連れて行ってくれたり、面倒見の良い
人間味のある方でした。

突然のお誘い

ある日フェルナンド君に…

「今週の土曜日、僕の家でハウスパーティを
開催するんだけど来る?」

…と誘われました。

私はもちろんそのお誘いを快諾し、土曜日を
楽しみに待ちながら一週間を過ごしました。

パーティ当日、フェルナンド君の家に着くと
普段フェルナンド君と彼の母親しかいない
家が人でごった返していました。

フェルナンド君の母親の友人や親戚が一同に
集まり、盛り上がっていました。


お腹が空いていたのでピザやケーキを
フェルナンド君や他の子供たちと一緒に
ここぞとばかりに頬張っていました(笑)

調子・のり助

なにやってんねん!笑社交性ゼロやな!笑
当時中学生だったので…山のように盛られた食べ物に目がくらみました…(苦笑)

管理人

すると視界にフェルナンド君の母親が入って
きたので、その方向を見ると…フェルナンド君
の母親が男性二人と女性一人と談笑を
している様子が伺えました。

パーティにはフェルナンド君の親戚や
友人がたくさん来ていたので、特に気になる
ような光景ではありませんでした。

しかしなぜか談笑している男性の一人に妙な
違和感を覚え、しばらく4人が談笑する姿を
じーっと見つめてしまいました。


すると後ろからフェルナンド君が…

「どうしたの?」

…と尋ねてきたので私は…

「君の母親と話している人達って誰?」

…と単刀直入に尋ねました。

するとフェルナンド君は…

「ああ、あれは僕のお父さんと僕の
お母さんのボーイフレンドと僕の
お父さんのガールフレンドだよ」

…と言い放ったのです…

困っちゃん

んんんん!?ど、どういうこと!?
当時の私もそれを聞いて、頭の中が真っ白になりましたよ(笑)

まだ中学生だったので、その混沌とした状況を飲み込めずにいましたね(苦笑)

管理人

非常に単純な思考回路ですが…

「昔夫だった人のガールフレンドと楽しそう
に話すってどういうこと!?」

「しかも元妻とはいえ、元妻のボーイフレンド
とビールを酌み交わしながら談笑するって
更にどういうこと!?」


…と中学生ながら頭が混乱しました。

後から分かったことですが、フェルナンド君の
両親が離婚をする際、かなり泥沼な状態で離婚
をしていたそうです。

ただ時間が経つにつれ、連絡を取り合うよう
になり、今ではカップルぐるみで仲が良く、
ダブルデートにもよく行くのだとか…

中学生だった当時は驚きましたが、年齢を
重ねるにつれ、離婚をしたカップルが交友関係
を続けることはそこまで不自然ではないことを
知りました。

離婚をしても交友関係を続ける男女が多く、
時には復縁につながることも多いみたいです。

フェルナンド君の母親と父親のように、お互い
の再婚相手や交際相手と仲良くするような関係
も珍しくはないということも知りました。

もちろん全員が全員そうというわけではなく、
離婚後縁を切るカップルもいますが、何らかの
交友関係を続ける元夫婦も一定数います。

まとめ

アメリカ人にとって結婚や離婚は人生において
大きなイベントであることは間違いない
ですが、他国と比べると若干カジュアルな
捉え方がされているのではないかと思います。

他国と比べると、アメリカ人の離婚に対する
ハードルはそこまで高くないように感じます。

今回の体験談は、アメリカ人の自由で奔放な
国民性が垣間見える一つの事象として捉える
ことができるかもしれませんね。

今回の記事はこれで以上となります。

最後まで読んでいただき誠に
ありがとうございました。