毎月1万円でXRPの積立投資をしてみた【2019年8月】《5ヶ月目》

皆さま、こんにちは!

記事をご覧頂き誠にありがとうございます!

毎月1万円でXRPの積立投資をしていく
本企画も今回で5ヶ月目となります!

初めての方はこちらの記事をご覧ください 毎月1万円でXRPの積立投資をしてみた【2019年4月】《初回》
毎月1万円でXRP積立投資のマイルール
  1. 購入日は原則毎月25日(土日祝日でも)
  2. 購入額は原則1万円(原則例外は無し)
  3. 売却や回転は原則行わない、純粋な積立のみ

上記のルールに則って毎月1万円で
コツコツ淡々とXRPを積み立てていきます。

一切の例外は設けません。

買い増し時期と購入額をガチガチに
固めることで投資パフォーマンスやリターンを
より分かりやすく可視化できるのではないかと
考えております。

毎月1万円ずつという決まった額を決まった
日時に購入し、積み立て続けることで将来的に
どのような投資パフォーマンスを出せるか
見ていきたいと考えています。

2019年8月のXRP買い増しの詳細

今月の買い増しで使用した取引所は先月に
引き続きコインチェックです。

2019年8月の購入履歴

今月の購入履歴の詳細は下記の通りです。

取引所コインチェック(成行)
購入日時2019/8/25(日) 11:33:00
購入額10,000円
購入数339.70XRP
取得単価約29.43円

困っちゃん

え…企画を始めて以来最も低い取得単価となってしまいましたね…
はい…2018年の最安値が約28円だったのですが、その時と同じ水準にまで価格が下がってしまいましたね…

管理人


スポンサーリンク

2019年8月のXRP相場状況

ビットバンク(XRP/JPY)8時間足チャート

調子・のり助

一体…何が…あったんだ…!?
今年に入って以来最も厳しい相場となってしまいましたね…

管理人

困っちゃん

なんでこんなことになってしまったのですか…?

XRPに何か問題か不具合でも見つかったのですが?
そういうわけではなく、基軸通貨であるビットコイン以外のアルトコイン(XRPも含めて)が全体的に現在非常に厳しい状態です。

むしろXRPに関してはこのような厳しい状況でもXRP普及のメインドライバーであるリップル社やSBIはXRPのエコシステム拡充に努めています。

例えば7月31日にSBI VC Tradeが遂にXRP(ビットコインとイーサリアムも含む)の板取引サービスを開始しました。

管理人

調子・のり助

やっとかぁ〜!待ちくたびれていたわ!で?価格に影響はあったの?
SBIVCでXRPの板取引が開始して即座に価格に影響が出ることはありませんでした。

ですが、SBIVCはリップル社のxRapidサービスをサポートする取引所の一つになることが期待されています。

そのため、中長期的に考えるとXRPの普及とエコシステムの拡充に向けての大きな一歩であると考えております。

管理人

困っちゃん

気長に待つしかないのですかね…
確かに現在の相場の地合いで短期的にXRPで利益を出すのは難しそうですね…ショートを駆使できれば別ですが…

ここからは個人的な考えですが、現在の市場の閉塞感の背後には暗号資産に対する規制の足踏みが市場全体の発展を妨げているような気がしてなりません。

管理人

困っちゃん

え…FATFの方針が発表されたり、USDTを発行しているテザー社に対する規制の目が厳しくなったり、暗号資産市場は健全な方向に向かっているのではないのでしょうか?
確かに暗号資産に対する規制は刻々と施行・施行の準備がなされています。

しかし規制の施行に関しても、今日明日でできるようなことではないです。

規制の施行が発表されてから実際に規制が敷かれるまでには時間がかかりますし、その空白期間の間に投資家(特に機関投資家)の間では様々な憶測や“speculation(スペキュレーション)”が生まれます。

管理人

調子・のり助

スプラトゥーン?
(苦笑)…今後施行される規制がもたらしうる影響に対して様々なスペキュレーションや憶測が投資家の心理に“uncertainty”(不確実性)を生み出し、それが市場全体の閉塞感に結びついているのではないかと考えています。

実際規制が施行された場合…

「市場に対してどのような影響が及ぼされるのか」

「規制が敷かれた後さまざまな不祥事が暴かれ暗号資産市場にとってネガティブなファンダが多く露呈してしまうのではないか」

…と言った具合です。

管理人

困っちゃん

人は一度不安感を抱いてしまうとその感情がどんどん膨らんでしまいますし、周囲にも蔓延してしまいますもんね…
規制が急速に整備され始め、市場全体に不穏な空気が漂っていますが、個人的にはXRPに対する期待感や信頼は揺らいでいません。

実際にXRP普及のメインドライバーでもあるリップル社は先日アメリカの議会に対して暗号資産の規制について非常に強いメッセージを新聞広告を通じて発しました。

管理人

調子・のり助

おぉ…やることが大胆やなぁ…
・リップル社やXRPが政府や中央銀行を脅かす存在ではないこと

・XRPには明確なユースケースがあり、経済・社会の発展・グローバル化に大きく資するポテンシャルを持っていること

・米国政府が敷いている法令や規制に抗うのではなく、忠実に準拠する体制を敷いていること

…などリップル社の強い覚悟、揺るぎない信念が垣間見える非常に強いメッセージでした。

管理人

2019年8月のXRP積立投資経過報告

全期間購入総額(5ヶ月目)50,000円
全期間購入総数1,327.9673XRP
全期間平均取得単価約37.65円
現評価額※ビットバンク価格
(2019/8/25日足始値: 29.007円適用)
約38,520円
現含み損益-11,480円

困っちゃん

含み損が…結構とんでもないことに…
私が個人で一昨年の9月から積み立てているXRPの投資状況も似たり寄ったりです…(苦笑)

管理人

調子・のり助

うむ。こりゃひどいや。
確かに辛い相場ではありますが、裏を返すと(個人的には)安くでXRPを買い増す絶好の機会だと捉えています。

もちろん今後価格が更に下がる可能性もありますが、XRP自体に致命的な問題が発生したわけではありません。

何より…

「良い投資ほどたいくつなものだ」

…と言いますし、今後も豚骨コツ担々麺(コツコツ淡々と)買い増していきます♪

管理人

調子・のり助

「(豚骨コツ担々麺…毎回言ってるけどよっぽど好きなんやな…)」
注意
投資はあくまでも自己責任でお願い致します。

当企画の目的は純粋な情報発信となっており、ミラートレードの推奨や「当企画で設定したルール通りに投資をすれば必ず儲かる」というような趣旨のものではないことをあらかじめご了承頂けますと幸いです。

今回の記事は以上となります。

最後まで読んで頂き誠に
ありがとうございました!

ではまた来月!