リップルネット参画のマネーグラム社と世界最大のイスラム銀行が提携を結ぶ

皆さま、こんにちは!

記事をご覧頂き誠にありがとうございます!

管理人

リップル・サクッと一口ニュースでは、リップル社・XRP関連の最新ニュースをサクッとおやつ感覚で読めるよう一口サイズにまとめております!
今回まとめるニュースはこちらです!

管理人

2020年6月4日、リップルネットに参画している送金業社・マネーグラム社がサウジアラビアに拠点を置く世界最大のイスラム銀行であり、マネーグラム社同様リップルネットに参画している…

Al Rajhi Bank

…と提携(パートナーシップ)を結んだことを発表しました。

今回のパートナーシップについて、マネーグラム社のCRO(Chief Revenue Officer・最高収益責任者)であるグラント・ラインズ氏が下記の通り言及しております。
マネーグラム CRO グラント・ラインズ氏(出典:MoneyGram
この数ヶ月間、我々(マネーグラム社)は…

・インド
・エジプト
・パキスタン
・フィリピン


…などの地域への事業拡大を図るため、積極的に新たなパートナーシップの締結に努めてきた。

実は、上記で挙げた4カ国はサウジアラビア発の送金の主要な受入国なんだよ(例:サウジアラビア→インド)。

我々(マネーグラム社)がAl Rajhi Bankと提携を結ぶことで…

・送金元(サウジアラビアの顧客)
・送金先(サウジアラビア発の送金の主要な受入国の顧客)


…双方の顧客は、我々(マネーグラム社)がAl Rajhi Bankと提携を結ぶことで実現するサービスの統合・相互運用性によってもたらされる利便性を存分に享受することができるようになると考えている。

-マネーグラム CRO グラント・ラインズ氏(和訳文)

Over the last few months, we’ve expanded with new partners in India, Egypt, Pakistan, and the Philippines to name a few. All of these markets are key recipients of transfers from Saudi Arabia, and consumers will now benefit from this customer-centric integration with Al Rajhi Bank.

MoneyGram Chief Revenue Officer: Grant Lines
参考 MoneyGram Announces Collaboration With Saudi Arabia’s Al Rajhi BankCroudfund Insider

調子・のり助

ふーん…マネーグラムはよう知ってるんやけど、Al Rajhi Bank?って初耳やわ!どういう銀行なん?
Al Rajhi Bank

…は、サウジアラビアの首都・リヤドに拠点を置く世界最大のイスラム銀行でして、約3年前の…

2017年5月

…にリップル社の送金ソリューション・RippleNetを介した国際送金のパイロット・テストに成功しており(サウジアラビア国内では初めて)比較的早期にRippleNetに参画した金融機関の一つです。

上記の件について、Al Rajhi Bankが詳細をプレスリリースで発表しているので、そちらの内容を和訳し下記にまとめました!

管理人

こちらがプレスリリースです! 参考 Al Rajhi Bank Completes Transaction Using Blockchain TechnologyAl Rajhi Bank

スポンサーリンク

サウジアラビアにおける初めての試み

世界最大のイスラム銀行である当銀…

Al Rajhi Bank(ARB)

…は、リップル社独自の送金ソリューション・RippleNetを介した国際送金に初成功しました。

サウジアラビア国内においてRippleNetを介した国際送金に成功した事例は今回が初めてとなります。

RippleNetを介して行われた今回の国際送金は、当銀のリヤド本社からヨルダンに行われたものでした。

今回の事例は、今後当銀が(RippleNetや分散型台帳技術などの)先進技術を積極的に活用する姿勢であることを色濃く示しており、当銀が提供するさまざまな銀行サービスをデジタル化し、顧客に対してより洗練されたネット・バンキング・サービスを提供するにあたって大きな第一歩となりました。(和訳文)

Al Rajhi Bank (ARB), the world’s largest Islamic Bank, has completed a secure, cross-border money transfer using Ripple Blockchain Technology. This successful transaction marks the first time the technology has been used in Saudi Arabia.

The recent transaction was a money transfer between Al Rajhi Bank’s Head Offices in Riyadh and Jordan. This milestone further highlights the technological integration of Al Rajhi Bank’s network and validates the Bank’s transformed customer experience and ongoing efforts to digitize customers’ banking experience.

Al Rajhi Bank
参考 Al Rajhi Bank Completes Transaction Using Blockchain TechnologyAl Rajhi Bank

CEOのコメント

管理人

下記は、今回の件についてのAl Rajhi BankのCEO・Steve Bertamini氏のコメントです
Al Rajhi Bank CEO・Steve Bertamini氏(出典:LinkedIn
リップル社の送金ソリューションの採用は、当銀が当面の目標として掲げてきた…

あらゆる銀行業務のデジタル化

…に向けての取り組みの一環だ。

リップル社の送金ソリューションにより、我々は当銀の顧客に対し…

・送金時間の大幅な短縮
・送金コスト(送金手数料)の大幅な削減

・正確な送金(誤送金や送金ミスの防止)


…などの、一流の銀行サービスを提供することが可能になる。



 当銀は、競合に先んじて(リップル社の送金ソリューションのような)先進技術をいち早く取り入れることによって、業界内における優位性向上を図っている。

-Al Rajhi Bank CEO・Steve Bertamini氏(和訳文)

Steve Bertamini, Chief Executive Officer, said: “The blockchain initiative is part of Al Rajhi Bank’s Digital Transformation. This solution will deliver a best-in-class customer experience through reduced delivery times, lower cost and enhanced accuracy. We are committed to leading in this space by advancing new technologies for the benefit of our customers.”

Al Rajhi Bank Chief Executive Officer: Steve Bertamini
参考 Al Rajhi Bank Completes Transaction Using Blockchain TechnologyAl Rajhi Bank

COOのコメント

管理人

下記は、今回の件についてのAl Rajhi BankのCOO・Waleed Al Mogbel氏のコメントです
Al Rajhi Bank COO・Waleed Al Mogbel氏(出典:Al Rajhi Bank
我々は今回の結果(リップル社の送金ソリューションのパフォーマンス)に対し、非常に満足している。

当銀はこれまでも現状維持に甘んじることなく、常に改革をし続け、先進技術を適宜活用・取り入れることによって、当銀の顧客に対し高い水準の銀行サービスを提供し続けられるよう絶えず努めてきた。

リップル社の送金ソリューションが、そういった我々の姿勢を後押しすることができると強く確信している。

リップル社の送金ソリューションが、送金コストの削減だけではなく、日々の流動性マネジメント(intra-day liquidity management)の効率化にも大きく寄与すると期待している。

-Al Rajhi Bank COO・Waleed Al Mogbel氏(和訳文)

Commenting on the recent announcement, Al Rajhi COO Waleed Al Mogbel said: “We are very pleased with the outcome of this initiative. At Al Rajhi Bank, we continuously strive to innovate and maintain leading banking services, and this success confirms the potential of our existing operations. This technology will allow us to further reduce processing costs across our settlements and reconciliation processes, while improving the predictability and efficiency of our Intra-day liquidity management.”

Al Rajhi Bank Chief Operating Officer: Waleed Al Mogbel
参考 Al Rajhi Bank Completes Transaction Using Blockchain TechnologyAl Rajhi Bank

今後の展望

サウジアラビアは、世界で2番目に国際送金が盛んに行われている国です。

そんなサウジアラビアにおいて当銀は、国内における国際送金の中核を担う金融機関であり、国内に約200の送金窓口を設けています。

また、当銀はサウジアラビア通貨庁(日本でいう金融庁)と密接に協議・やりとりをしながらリップル社の送金ソリューションや分散型台帳技術などの先進技術のより広範な活用を推し進めています。(和訳文)

The Kingdom of Saudi Arabia is the 2nd leading country for remittance in the world. Al Rajhi Bank specifically is the leading bank in the region for remittances, with over 200 remittance centres across the Kingdom. The Bank is working closely with the Saudi Arabian Monetary Agency to make such technologies widely available to its retail and corporate customers.

Al Rajhi Bank
参考 Al Rajhi Bank Completes Transaction Using Blockchain TechnologyAl Rajhi Bank

管理人

マネーグラム社と言えば、リップル社やCoilなどに次ぐXRPのエコシステム拡大のメインドライバーの役割を果たしています。

そんなマネーグラム社がRippleNetに参画しており、世界最大のイスラム銀行でもあり、国際送金が盛んに行われているサウジアラビアの中核金融機関の一つであるAl Rajhi Bankと提携を結んだことは非常に興味深いです。

両社が提携を結ぶ上でリップル社の送金ソリューションが活用されるというような情報は現時点では出ておりませんが、両社ともにRippleNetに参画しているという点を鑑みると、将来的に何らかの形で両社間の提携でRippleNetが活用されるのではないかと期待しつつ、今後も注視していきたいと思います!

今回の記事は以上となります。

最後まで読んで頂き誠に
ありがとうございました。

ではまた次回!