【Bob語録#7】リップル社のXRP普及戦略について

皆さま、こんにちは!

記事をご覧頂き誠にありがとうございます。

今回の記事でも引き続き元リップル社員である
ボブ・ウェイさんが開設した質問スレの内容を
ピックアップしてまとめます。

元リップル社員が開設した質問スレとは? 【Bob語録#0】元リップル社員があらゆる質問に答える

では早速今回の質問の方を見ていきましょう!

現時点のXRPの普及や活用の進捗についてあなたの意見が聞きたいです。

(リップル社による)XRPの普及は順調に進んでいるのでしょうか?(和訳文)

Hi @BobWay how would you consider arp adoption is going from your pov, are we advancing at a good rate?

Lzoxrp
参考 元の質問XRP CHAT

管理人

今回の質問はXRPの普及・活用の進捗についてですね。

XRP投資家として、どの程度XRPが普及しているのか、活用されているのか気になりますね。
リップル社はちゃんとXRPの普及に尽力してくれているんですかねぇ…?

困っちゃん

投資家、とりわけ長期投資家の仕事は
ザックリですが…

・投資対象の精査
・投資対象の進捗を見守ること
・時が熟すまで待つこと
・利確・損切りポイントの設定


…に収斂すると考えています。

もちろん納税など細かい仕事もありますが、
大まかに考えると上記がメインの仕事です。

私はXRPに長期投資をしているので、
XRPやXRP普及のメインドライバーである
リップル社の進捗をしっかり精査するように
しています。

元リップル社員によるXRP普及の進捗に
ついての見解は、XRP投資家としては必見
ですね!


スポンサーリンク


早速回答を見ていきましょう!

この質問の回答も一筋縄ではいかないなぁ…

長くなりそうだから、なるべく簡潔に回答をするよ。

「XRPの普及は順調に進んでいるのか?」

…という問いに対して私は更に…

「誰(どこ)を対象にした普及のことを指しているのか?」

…と問い返したい。

現時点でXRPの普及に関して言えることは、「然るべき理由」に則って、「然るべき対象(相手)」に対しては、順調に進んでいるということだ。

この「然るべき対象(相手)」というのは各取引所のことを指している。

そして「然るべき理由」というのは各取引所による”xRapid”のサポートのことを指している。

“xRapid”の取引数量が増加すればするほど、マーケットメーカーや(機関)投資家がお金を稼ぐチャンスが増加するので、より多くの(機関)投資家がXRPを保有し、XRPのエコシステムに惹きつけられると思う。

そして取引数量が増加し、より多くの(機関)投資家が参入することで、XRPの価格に対して上昇圧力がかかると考えている(ボブ氏の私見)。(一部抜粋)(和訳文)

Again, this is a great question that is part of a much longer discussion. But I’ll try to a short answer without sounding like a …

The phrase “xrp adoption” begs the counter question “adoption by whom?” But that’s a …ish answer. Currently, I think XRP adoption among the “right people” for the “right reasons” is getting better and better. In this case, the “right people” are exchanges and the “right reason” is to support xRapid. As xRapid volume increases more and more XRP holders and traders will be drawn into the ecosystem simply because there is money to be made trading the counterflow. Both the additional payment volume and additional traders should tend to put upward pressure on XRP’s price.(一部抜粋)

BobWay
参考 元の回答XRP CHAT
ポイント
・リップル社は各取引所を、XRPの普及に最も寄与するメインアクターとして位置付けている

・XRPの普及において”xRapid”の普及が重要な要素となってくる

・XRPの取引数量が増加し、XRPの流動性が向上することで、より多くの(機関)投資家がXRPのエコシステムに惹きつけられ、XRPの価格上昇に繋がるのではないか(ボブ氏の私見)

管理人

元々の質問が漠然としていたので、ボブ氏が質問の枠組みをしっかり設定した上で回答をしましたね
え…なんで”xRapid”の取引数量が増加すると、XRPの価格上昇に繋がるのでしょうか?

困っちゃん

管理人

“xRapid”の取引数量が増加することによって、XRPの流動性が高まることが期待されているからです。(XRPの流動性が増加しないと、そもそも”xRapid”の取引数量が増加しないのでは?という”鶏と卵”的な課題もありますが)

XRPの流動性増加とXRPの価格上昇の因果関係のロジックに関しては、“てにったーさん”が、ツイッターで説明をしてくれています。

調子・のり助

XRPの価格が上昇するには高い流動性を実現せなあかんっちゅーことか
リップル社はXRPの流動性を高めるために、なにか働きかけをしているのですか?

困っちゃん

管理人

リップル社は機関投資家やマーケットメーカーなどを対象に、オーバーザカウンター取引(以下:OTC)を通じてXRPを売却しています。

機関投資家に売却するXRPは、リップル社が以前にロックアップしたXRPのプールから拠出されています。
参考 OTC取引とはliquid.com 参考 XRPのロックアップとはcoincheck.com
ほぉ…売るのはいいとして、機関投資家に売った直後に取引所とかで売られたらただの売り圧やんけ!そこはどうなん?

調子・のり助

管理人

もちろん、リップル社が機関投資家やマーケットメーカーにXRPを”OTC”で売却して…

「はい、それで終わり」

…という訳にはいきません。

リップル社が機関投資家に”OTC”を通じてXRPを売却する際には、“売却制限”を設けています。
え…売却制限…どういうことですか…?

困っちゃん

管理人

売却制限を設けなければ、先ほどのり助さんが仰っていた通り、機関投資家はリップル社から”OTC”で安値でXRPを仕入れた直後に、取引所などの市場で売却をし、キャピタルゲインの獲得を図りかねません。

そんなことをされるとXRPの価値が著しく毀損されることは、想像に容易いと思います。

上記のような行動を機関投資家が取らないよう、リップル社は機関投資家に対して”OTC”でXRPを売却をする際には、契約を結び、“売却制限”を設けています。
じゃあさ、何のために機関投資家はXRPを買うの?

調子・のり助

管理人

機関投資家がXRPを購入する理由は、取引所で大量の売り注文や買い注文を行うことで、マーケットメーカーになり、スプレッドの手数料を通じて利鞘を享受するためです。

機関投資家はマーケットメーカーとして、継続的な利益の享受を図ります。

マーケットメーカーがより多くの注文を出すことで、該当する取引所の取引板が分厚くなるので、XRPの流動性が高まり”xRapid”の買い・売り注文が約定しやすくなりますし、取引板が分厚くなることでスプレッドが狭まるので、国際送金コストも下がります。

これがリップル社が考えている”xRapid”の成功ビジョンの一つです。
スヤァ…

困っちゃん

「XRPの価格が向上するには」

「xRapid”が成功するには」


…流動性の創出・向上が肝となってくる
ことは、縷々提起されてきたことです。

流動性の創出・向上の重要性に関しては、
リップル社の上層部も連綿と唱えてきました。

では、XRPの流動性を高めることに、
リップル社が全力で注力をすれば
いいのではないのでしょうか。

しかし、流動性の創出・向上の課題は一筋縄
ではいかない、困難を極める課題です。

「鶏が先か、卵が先か」

…なんていうことわざがありますが、XRPの
流動性に関しても、今まさにこのような
状況なのです。

流動性はどこからともなく自然に発生するもの
ではありません。

XRPの需給状況、XRPに対して(機関)投資家
が価値を見出せるか、また流動性を増加させる
ための起爆剤や触媒(マーケットメーカーが
利鞘を稼げるか、取引所にとって利益があるか
等々)が必要となってきます。

XRPの流動性増加には上記のような、多種多様
かつ多元的な要素が密接に絡み合ってきます。

流動性の創出・向上の起爆剤・触媒を市場に
提供することがリップル社には求められます。

そのため、”xRapid”をサポートする取引所に
対して様々なインセンティブを提供したり、
機関投資家にマーケットメーカーの役割を
担ってもらえるよう、OTCでXRPの売却を
するなど、リップル社はXRPの流動性向上、
“xRapid”の成功を実現するため、さまざま
な施策を講じています。


管理人

今回のBob語録は以上で終わりです!

最後まで読んで頂き誠にありがとうございました!

今後もBob語録をバンバンシェアしていきますのでよろしくお願いします!